BIOGRAPHY

【第1章】-新たなる1頁-
ロウソクの灯りが消える時 空白の1ページに何が見えますか?

百物語。それは100本のロウソクを灯し、1話ずつ物語を語っていく遊び。
99話目の最後のロウソクを吹き消した時、「この世の理解を超えた何かが起こる」と言い伝えられていた…。
100話目に現れた“語り手”達は、空白の1ページの中で喜び、悲しみ、苦しみ、そして楽しんでいた。
これから始まるのは、共に紡いだ者だけが知ることのできる、4人の“語り手”によるヒャクモノガタリのお話。


ヒャクモノガタリ-告知動画

閲覧できない場合はコチラ

平行線に存在する様々な物語を、禍々しい姿をした“語り手”たちが一つずつ紡いでいく。
物語のロウソクに炎が灯された時、キミの世界に"物語"は語り継がれる。

【序章】-始まりの前-
まだページはめくられない。
100本のロウソクが全て灯され、物語と共に消え逝く中で真実に気付くだろう。